迎賓館赤坂離宮

お気楽コラム

迎賓館赤坂離宮(赤坂迎賓館)の見学時間は?ツアーもあるの?

スポンサーリンク

迎賓館赤坂離宮が2016年4月から通年公開となり、見学の機会が身近になりました。以前は大変な競争率で、なかなか見学できる人数も限られていたようです。

それでは、その見学にかかる時間や、建物のみどころはどこでしょう?ここでは、国宝にも指定された絢爛豪華な建物の様子についてご紹介したいと思います。

迎賓館赤坂離宮ってどんなところ?

日本を代表する建築物のひとつ、「迎賓館赤坂離宮」は、元赤坂にある紀州徳川家の江戸屋敷の敷地の一部で、東宮御所として1909年に建設されました。設計したのは、日本近代建築の父と呼ばれる片山東熊氏です。建設から100年後の2009年に、国宝に認定されました。

第二次世界大戦後は国の所有となり、各国の国王や国家元首、また国賓を招いての外交の場として使用されている、重要な施設です。

以前は、一年のうち夏の10日間だけ、内部公開がされていましたが、2016年4月から、通年一般公開されることになりました。とは言っても、現在も外国のお客様を招く外交の場として使用されているため、支障の出ない範囲での公開となっています。

また、休館日も設けられていますので、見学を希望する際は、あらかじめ調べておくことが必要なようです。急きょ接遇を行うこともあるため、内閣府のHPでも、事前に公開状況を確認することを強く進めています。

スポンサーリンク

迎賓館赤坂離宮を見学してみたい!

迎賓館赤坂離宮を見学する際には、基本的に事前予約を入れるか、当日券を手に入れる必要があるそうです。定員に達すると抽選になるようですので、内閣府のHPより事前予約を入れておく方がおすすめです。迎賓館赤坂離宮・本館と主庭の見学には料金がかかります。

テレビなどにも時々登場する豪華な正門には、皇室をあらわす十六八重表菊紋が施されています。日本にあるとは思えないような、大きくて豪奢で、格調の高さが醸し出される美しい門です。

厳しいセキュリティチェックを受けてから、入場します。ここからはカメラはNGとのことです。また、入場の際に、日本政府を表す紋章「五三の桐」のバッジをつけるそうです。これも滅多にできない経験ですね。

迎賓館赤坂離宮・本館の見学は、彩鸞(さいらん)の間、花鳥の間、朝日の間、羽衣の間、中央階段と2階のホールができるそうです。晩さん会や調印式などでテレビにもよく登場するので、ご覧になったことがある方も多くいるかもしれません。

部屋の装飾も細部にわたり心遣いがされてあり、西洋建築の随所に、調和するように施された和風の細工が、エリザベス女王をはじめ、世界各国のVIPにも大変気に入られていると言います。

内部参観のあと、主庭へ移動します。中央には、ヨーロッパを感じさせる大きな噴水があり、記念撮影におすすめのスポットだそうです。

迎賓館赤坂離宮は、日本で唯一といえるネオバロック様式の西洋風宮殿建築であり、建設当初から耐震対策もしっかりとされてあったそうで、関東大震災にも耐えています。

建物の柱やドアの一枚にも、細やかな細工と贅が込められてあり、まさに日常を忘れて、垣間浸ることができる夢のような空間となっています。

見学の所要時間は、だいたい1時間半から2時間くらいだそうです。

迎賓館赤坂離宮噴水

迎賓館赤坂離宮見学の、気になる応募倍率は!?

非日常を見学できることからも、迎賓館赤坂離宮の見学は大変人気が高く、応募倍率も2014年は3.51倍、2016年は2.83倍だったそうですが、通年公開となってからは、かなり倍率も低くなったようです。とはいえ、見学に行く日が決まったら、早めに応募して予約をした方が良さそうです。

迎賓館赤坂離宮・和風別館も公開されており、ガイドツアー形式の見学が可能です。また、迎賓館赤坂離宮の「前庭」と呼ばれる場所は、事前申し込みが不要で参観料金も無料とのことですので、ちょっと足を運んで、ということもできそうです。

ぜひ一度は訪れてみたい場所のひとつですね。

迎賓館赤坂離宮のの公開状況とご予約はこちら

内閣府ホームページ

http://www8.cao.go.jp/geihinkan/koukai.html

スポンサーリンク

関連記事

  1. 桜

    お気楽コラム

    国会議事堂は一般人も見学可能!服装や料金、予約についてご紹介!

    テレビ中継でおなじみの国会議事堂ですが、あれは建物の中の“本会…

  2. ジャンヌダルクの像

    お気楽コラム

    女性の大統領が世界で初めて誕生したのはいつ?どんな人?

    女性初のアメリカ大統領誕生か!?と脚光を浴びたヒラリーさんが選…

  3. 東京大学

    お気楽コラム

    政治家になるには?どこの大学がいいの?

    政治家の皆さんは、どこの大学の出身であるかがよく話題でも取り上…

  4. 国会

    お気楽コラム

    日本の総理大臣の任期は?歴代最長は誰?ランキングでご紹介!

    現在の日本の総理大臣・安倍晋三氏は第97代となっています。過去…

  5. ペンとスケジュール帳

    お気楽コラム

    政治政治家秘書になるには?求人募集やインターン制度もあり

    政治家の周囲には必ずといっていいほど、秘書がついている様子がテ…

  6. お土産のイメージ

    お気楽コラム

    国会議事堂で買える人気のお土産とは?中には笑える物も!

    日本の政治を司る場所、国会議事堂は一般人でも申し込みをすれば気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

詳しくはこちらをご参照ください。

最近の記事

  1. 料理
  2. サッチャー首相
  3. ジャンヌダルクの像
  4. 築地市場
  5. 東京都庁
  1. 料理の画像

    総理のお店・首相動静

    2017年9月に総理が訪れたお店をご紹介|首相動静より
  2. ろうそくと食卓

    総理のお店・首相動静

    2017年7月に総理が訪れたお店をご紹介|首相動静より
  3. 料理

    総理のお店・首相動静

    2017年10月に総理が訪れたお店をご紹介|首相動静より
  4. エビのサラダ

    総理のお店・首相動静

    2017年6月に総理が訪れたお店をご紹介|首相動静より
  5. 料理

    総理のお店・首相動静

    2017年4月に総理が訪れたお店をご紹介|首相動静より
PAGE TOP